雪、雪、雪の札幌2013/02/26 10時43分


大雪です、今年の札幌。

2月26日現在の積雪量が136センチ、130センチを超えるのは13年ぶりとか。
平年値は、今の時期80センチ弱なので、約1.7倍の雪に埋もれてしまっていることになります。
最高気温が零度以下の真冬日も札幌は57日目、ここ10年間で最も多いペースです。


歩道は除雪されていますが、おばあちゃんの背丈の3倍はある雪の山が出来上がっています。
実はこの隣に、車道があります。車の姿を見ることはできません。



交差点では、信号機がやっと顔を出しています。
歩行者用の信号機は雪山の中です。これはとっても危険な状態ではないでしょうか。
かつて石川啄木は、釧路で猛吹雪に遭遇した時の日記に、「雪は全く人間を脅迫している」と書いています。

気象台の長期予報によると、3月の気温は平年並み。
寒さ厳しく、雪が多い分だけ、はじけるような春が待ち遠しいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accsap.asablo.jp/blog/2013/02/26/6730852/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。