室蘭グルメ、天勝のエビ天丼2012/10/10 11時39分

            
 
札幌から高速道路を走って1時間半の室蘭へ行ってきました。
天然の良港に恵まれ、かつては「鉄のまち室蘭」として賑わっていました。
昭和44年には人口18万人を超えていましたが、今は半減。
当時の繁華街は、見事なほどの「シャッター街」となっています。

今回のドライブの目的は、「室蘭八景」と呼ばれる風景を眺めてみようというものです。
港の入り口に浮かぶ大黒島、絵鞆岬や水平線が見事な地球岬、金屏風や銀屏風、
測量山からの展望やマスイチ浜、トッカリショの奇岩などなど。
下の写真は、東日本最大の白鳥大橋と、港の外側・太平洋にそそり立つトッカリショの絶壁です。



ということで、八景めぐりをしているうちにお昼時になりました。
実は、室蘭へ向かう道中からすでにお昼ご飯は、「天勝の天丼」と決めていました。
この天ぷら屋さんは、大正9年創業の老舗です。
カウンター席とテーブルと小上がり、店内は昭和の食堂そのもの。
2008年までアーケードがあった店前の通りを歩く人はいません。
しかし、この天勝だけは満員です。午後2時近いというのに10人ほど並んでいます。
レトロなメニュー板の「特製天丼、1,300円」はすでに売り切れ、900円の「いかぬき天丼」を注文。
多分、甘エビでしょう。味はあっさり系、香ばしい匂いにつられあっと言う間に完食です。

室蘭の名物に、カレーラーメン、焼き鳥、クロソイなどがありますが、この天丼も負けず劣らずです。





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accsap.asablo.jp/blog/2012/10/10/6598674/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。