これで文章が書ける?!2011/12/21 13時21分

文章は読みやすく分かりやすいことが一番です。
しかし、簡単そうに見えてそれがなかなか難しいものです。
どのように書けばもっと読み手に伝わる文章が書けるのか、誰でもがこの壁に打ち当ります。
でもそれでいて文章上手になるための近道は確かにあるはず。

「すっきり!わかりやすい!文章がかける」(すばる舎刊、本体価格1,300円)という本を見つけました。
書くことに素質はいらない、という著者、高橋俊一氏(元朝日新聞記者、日大大学院講師)が、
すぐに使える52の秘訣を紹介しています。


中身は、日本語の文章読本にもかかわらず、なんと横書きです。
主語と述語の関係や、句読点の使い方、助詞の要不要・・・などなど、良い例と悪い例を列記しながら解説しています。

書いていて迷ったとき、先になかなか進まないときは声に出して読んでみる。
思いつきや貴重な体験などはメモにしておく。
この辺は元記者ならではのポイントアドバイスです。



なにはともあれ、「習うよりは慣れろ」は文章にも言えますが、いい師、いい文章読本に出会うことも大切です。本屋さんで手に取ってみてはいかがですか?



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accsap.asablo.jp/blog/2011/12/21/6252941/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。