オオバナノエンレイソウとオオサクラソウ2011/05/28 11時07分


十勝の広尾町、野塚のオオバナノエンレイソウの大群落です(=写真下)。
北海道大学の大原雅教授によると、日本でも最大級の群落だそうです。
オオバナノエンレイソウは、高さ30~70センチの多年草で明るい林内に群生します。
大きな白い花弁は3枚、雌しべより長い雄しべが6本あります。



同じ林の中に、オオサクラソウも群落をつくっていました(=写真下)。
春の日差しを受け、可愛く咲いていました。




いずれも、朝日カルチャーセンター札幌教室で企画、実施した「十勝・浜大津の花めぐり」で写した写真です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://accsap.asablo.jp/blog/2011/05/28/5885883/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。