春の花が真っ盛りです2011/05/19 12時35分

5月18日、「白老、室蘭の花ウォーキング」に参加しました。


朝日カルチャーセンター札幌教室が企画した「北海道を歩くシリーズ」の第一弾。
写真上は、白老・ポロト湖畔です。ミズバショウが少しだけ残っていました。



室蘭では、地球岬散策路を歩きました。写真上はニリンソウの群落です。
この日、是非とも見たかったオオバキスミレにも出会えました(写真下)。
葉は大きなハート型をしています。明るい林の中で、群落をつくっていました。



総勢40人、野の花に感激し、満足の一日でした。
次回は、6月8日(水曜)、黒松内で新緑のブナ林の散策を予定しています。

オオバナノエンレイソウとオオサクラソウ2011/05/28 11時07分


十勝の広尾町、野塚のオオバナノエンレイソウの大群落です(=写真下)。
北海道大学の大原雅教授によると、日本でも最大級の群落だそうです。
オオバナノエンレイソウは、高さ30~70センチの多年草で明るい林内に群生します。
大きな白い花弁は3枚、雌しべより長い雄しべが6本あります。



同じ林の中に、オオサクラソウも群落をつくっていました(=写真下)。
春の日差しを受け、可愛く咲いていました。




いずれも、朝日カルチャーセンター札幌教室で企画、実施した「十勝・浜大津の花めぐり」で写した写真です。

ライラックが満開です2011/05/30 11時31分


札幌では5月25日から29日まで「ライラック祭り」が行われました。
写真は、30日の午前11時に撮影した時計台前のライラックです。
やっと満開になりました。今年は花の時期がちょっと遅かったみたいです。
この位置からの構図が好きなので毎年撮影しています。




ライラック祭りが終わると、6月8日からは「YOSAKOIソーラン祭り」が始まります。
さわやかな季節の到来、この街に暮らすことのできる幸せを感じます。